SAGA 紅芍薬(2013年7月号/vol.29)

713kcvZEa8L

SAGA 紅芍薬(2013年7月号/vol.29)

著 : 定価 : 1,000円(+税)

作品内容

5年目の性、卑猥さ上昇中。愛液まだまだ沸騰中――。
衣替淫替(ころもがえみだらがえ)――着替えたい…アソコが濡れすぎてグッショリだから。
着替えの季節、上着が一枚減ったから乳首がこすれてイヤらしい血が騒ぐの――わたし淫乱だから。
セックスしか頭にない四人の変態牝、集めました――。
芍薬――シャクヤク(芍薬、学名:Paeonia lactiflora)はボタン科の多年草。高さ60cm。葉は複葉。
夏の初め、ボタンに似た花を開く。アジア大陸北東部の原産。紅・白いろなど。品種も多い。
花の宰相、「花相」と呼ばれる。草本であるため、冬には地上部が枯れてしまい休眠する。
花は美しく、江戸時代には武士の素養として栽培を奨励された。日本の芍薬は一重咲きが中心、雄蕊が大きく発達して盛り上がる「金蕊咲き」と呼ばれ海外ではこれを「ジャパニーズ・タイプ」と呼ぶ。
――芍薬といえば「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という美人の形容が思い浮かぶ。
美しい三種の花を語呂よく当てはめ、つまりは「どのように例えても美しい」との表現…という解釈が一般的だ。
がしかし、別の説もある。例えば「三種の花は、女性の性器を表したもの」との説だ。
立てば芍薬→屹立した足の中心から付きだす秘肉、座れば牡丹→開脚状態で座りまさに花開いた状態、歩く姿は百合の花→男性器を筒状になってくわえ込んでるかたち…というわけである。
正直…小誌的にはこちらの説を採用したい。女性の性器ほおど、色カタチを常に変え続けるものはない。
歪み、染まり、濡れ、受け入れる。そしてどのように変化してもイヤらしく、男を煽る。
性器はまさに女性の美の象徴であるからだ。
「性」紅芍薬。様々な角度から様々な距離から様々な方法で、女性の「美」を追求しました。
今月もオールカラー八十頁、お楽しみ下さい。

5年目の性、卑猥さ上昇中。愛液まだまだ沸騰中――。
衣替淫替(ころもがえみだらがえ)――着替えたい…アソコが濡れすぎてグッショリだから。
着替えの季節、上着が一枚減ったから乳首がこすれてイヤらしい血が騒ぐの――わたし淫乱だから。
セックスしか頭にない四人の変態牝、集めました――。
芍薬――シャクヤク(芍薬、学名:Paeonia lactiflora)はボタン科の多年草。高さ60cm。葉は複葉。
夏の初め、ボタンに似た花を開く。アジア大陸北東部の原産。紅・白いろなど。品種も多い。
花の宰相、「花相」と呼ばれる。草本であるため、冬には地上部が枯れてしまい休眠する。
花は美しく、江戸時代には武士の素養として栽培を奨励された。日本の芍薬は一重咲きが中心、雄蕊が大きく発達して盛り上がる「金蕊咲き」と呼ばれ海外ではこれを「ジャパニーズ・タイプ」と呼ぶ。
――芍薬といえば「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という美人の形容が思い浮かぶ。
美しい三種の花を語呂よく当てはめ、つまりは「どのように例えても美しい」との表現…という解釈が一般的だ。
がしかし、別の説もある。例えば「三種の花は、女性の性器を表したもの」との説だ。
立てば芍薬→屹立した足の中心から付きだす秘肉、座れば牡丹→開脚状態で座りまさに花開いた状態、歩く姿は百合の花→男性器を筒状になってくわえ込んでるかたち…というわけである。
正直…小誌的にはこちらの説を採用したい。女性の性器ほおど、色カタチを常に変え続けるものはない。
歪み、染まり、濡れ、受け入れる。そしてどのように変化してもイヤらしく、男を煽る。
性器はまさに女性の美の象徴であるからだ。
「性」紅芍薬。様々な角度から様々な距離から様々な方法で、女性の「美」を追求しました。
今月もオールカラー八十頁、お楽しみ下さい。

ジャンル:アダルト
本の発売日:2013/5/24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍

購入案内

shop_bana_ama
shop_bana_7
shop_bana_books

ジャンル

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る