MENU

「黒髪女子はメス奴隷」をお得に読める電子書籍サービス一覧!【無料or半額】

えいとまん先生の「黒髪女子はメス奴隷」を無料で読める方法を調査しました。

そんな「黒髪女子はメス奴隷」を無料で読める方法を徹底調査しました。

これから読む人の参考になれば幸いです。

目次

黒髪女子はメス奴隷|配信中の電子書籍サービス

「黒髪女子はメス奴隷」はどこで読めるか、大手の電子書籍サービスを調査しました。

サービス名有無
まんが王国配信あり
U-NEXT配信なし
コミックシーモア配信あり
ebookjapan配信あり
BookLive配信あり

いくつかの配信サイトが見つかりましたが、最もオススメの電子書籍サービスは「まんが王国」になります。

まんが王国がおすすめな理由

会員登録無料!月額制ではない

無料作品数が業界トップ(約3,000冊)

ポイント還元で読めば読むほどお得!

中でも特筆すべきは還元率。

購入した金額に応じてポイントが戻ってくる仕組みで、最大半額で漫画を読むことが出来ます。

その還元率は業界トップクラス!読めば読むほどお得になる素晴らしいサービスです。

無料作品も3,000冊と豊富なラインナップを揃えており、

「お得感No.1」と謳っているだけあり、他の電子書籍サービスよりも頭ひとつ抜けています。

また、無料で読める作品も多く、完全無料でいろんな漫画を読めるの魅力ですね。

還元システムを使えば、実質ほとんどの漫画を半額程度の値段で読むことも不可能ではありません。

他の電子書籍サービスを使っている方も、この機会にまんが王国に乗り換えるのもオススメですよ。

黒髪女子はメス奴隷|書籍紹介

「黒髪女子はメス奴隷」がどんな作品か気になる方へ、簡単に作品の紹介をしていきます。

作品あらすじ

ゲーム実況動画の再生回数が伸びずに悩んでいた愛は、自分のカラダを使って配信してみたら?と友人に持ちかけられ実践してみると…再生回数は急上昇し、大興奮してしまう!
もっと自己顕示欲を満たしたくなった愛は、友人からは決してするなと言われていたオフ会まで開いてしまう!
そして…カラオケ店で歌っている最中に、ワルい男にクスリを盛られてしまう!!
他に集まったファンがいる中、愛は「お持ち帰り」され、ホテルで…!?

BookLive!より引用

まんが王国では現在4巻まで配信中です。

1巻の内容ネタバレ

ゲーム実況者の愛は、再生数を伸ばそうと顔出しで配信をするようになる。

結果カラダ目当ての視聴者が爆増し、一躍有名実況者となった愛は、ファンのリクエストでオフ会をすることに。

カラオケボックスでファンを集め、オフ会が始まった。

集まったファンの男たちの目線は、歌いながら揺れ動くおっぱいに釘付けに。

しかし、オフ会が進むと、愛の様子がだんだんおかしくなる。

だんだん呂律が回らなくなり、頭がぼーっとして、まるでお酒に酔ったかのような状態に。

なんと、ファンの1人がジュースとお酒をすり替えており、まんまと酒を飲まされてしまったのだった!

愛の体調不良でオフ会は解散となったが、ひとりの男がタクシーで愛を送っていくと言い出した。

この男こそ愛にお酒を飲ませた張本人だった。

タクシーが向かった先はラブホテルで・・・

愛が目を覚ますと、ベッドの上で下着姿にされていた。カラダが思うように動かない。

ファンと名乗る男は、マッサージと称して、愛のカラダを好き放題に触っていく

やがて下着も脱がされて全裸にされてしまい・・・!?

\ 続きは本編で!! /

黒髪女子は』で検索!

2巻以降のストーリーが気になる人はぜひ実際に漫画で読んでみてくださいね。

黒髪女子はメス奴隷|見どころと感想

清楚な黒髪女子が、悪質な1人のファンによってメス奴隷へと変えられてしまう漫画。

見所はやはりホテルに連れ込まれてからの一連の流れでしょう。

媚薬も盛られた状態で電マ責め、言葉責めで快感を叩き込まれ・・・。

快楽に溺れてしまう過程がすごく丁寧ですね。これは堕ちても仕方ないといったところ。

特にラストで中に出されてしまうシーンは必見!ドクドクと流し込まれて意識が飛びそうになってる姿が最高でした。

ハードなプレイが好きな人にぜひオススメしたい作品です。

気になる人はぜひ読んでみてくださいね♪

まとめ

漫画「黒髪女子はメス奴隷」を無料・半額で読む方法を紹介しました。

この作品は、まんが王国をはじめとした各種電子書籍サービスで配信中です。

この記事で紹介しているサービスは、どれも正規のルートで配信されている安全・安心の電子コミックです。

電子書籍サービスは、VOD(動画配信サービス)と共に、自由時間を贅沢にしてくれる必須サービスです。

ぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる